いじめ問題対策

現代のいじめ問題の特異性 のページを説明

現代のいじめ問題の特異性

いじめ問題を軽く考えている方。「いじめなんて子供の悪ふざけ」と軽く考えていませんか?現代のいじめ問題は昔のいじめ問題とは異なるのです。

いじめられた子がその事実を学校側に訴えても、事実関係をきちんと把握せずに、「いじめられる方も悪い」という一言でいじめ問題が黙認されてしまいます。ケンカ両成敗という悪平等です。

更に、「いじめのある学校」「いじめ問題を解決できない担任」という評判を逃れるための学校側の隠蔽体質が、いじめ問題の発覚を遅らせるのです。

いじめへの学校の対応の遅れが問題をエスカレートさせ、いじめの被害者は転校せざるをえなくなったり、場合によっては自殺に至るという最悪の事態にまで発展します。

これは限られた一部の特殊例ではなく、全国各地で同じ様ないじめ問題が続発しているのが現実です。



| いじめ問題

現代のいじめ問題の特異性は参考になりましたか?

いじめ問題に関して他にありましたら、こちらからお調べ下さい^-^
いじめ問題研究所へのリンク
リンクは自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]いじめ問題研究所 運営者情報
>>[次]いじめ問題対策法

いじめ問題研究所のTOPへ
"現代のいじめ問題の特異性"のTOPへジャンプ

>>キーワード別に読む

いじめ問題対策
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。